即日審査のクレジットカード

■即日審査クレジットカード・Yahoo!カード

即日発行、即日受取は難しいですが、即日審査は可能なクレジットカードもあります。
即日審査が完了すればすぐに発行作業に移ることができるので、スピード発行である可能性が高いです。

審査時間最短2分というクレジットカードが、Yahoo!JAPANカードです。
Yahoo!JAPANカードは申込みされた項目を、機械にかけて審査を行います。
人の手で行うより、審査にかかる時間は大幅に短縮することができます。
なので最短2分という驚異的な審査時間が、実現できるのでしょう。
申込後すぐに審査結果を知りたいなら、おすすめのクレジットカードです。

ただすべてのケースで、最短2分の即日審査となるわけではありません。
機械で審査を行い問題があると、さらに人の手で審査を行うことがあるため、審査に時間がかかることになります。
即日審査とはならず、審査結果がでるまで2,3日かかることもあります。

審査が完了すると、すぐに発行、発送となります。
スムーズに進めば、申込みから約1週間程度で受け取ることができるでしょう。
早ければ申込から3営業日ほどで受け取れるケースも考えられます。
即日発行はできなくても、スピード発行のクレジットカードです。

Yahoo!JAPANカードは年会費無料で、100円に1ポイントがたまります。
還元率は1.0%あり、ポイントはたまりやすいです。
そしてたまるポイントはTポイントなので、使いやすいのもメリットです。
Yahoo!サービスだけでなく、コンビニなどの実店舗でも使えるので使い道に困ることはないと思われます。
またYahoo!ショッピングとロハコの利用では、ポイント3倍となります。
Yahoo!をよく利用するなら、よりポイントがたまりやすくお得になります。

クレジットカードは新規入会特典があります。
入会するだけでまとまったポイントをもらえたりするのでお得ですよね。
ただ入会特典のポイントが付与されるのは、入会から数か月後…なんてこともあります。
もう忘れていたころに、付与されるような感じですね。
しかしYahoo!JAPANカードは、入会特典も即日にもらえてしまうクレジットカードなのです。
入会するだけでもらえるポイントは、最短だと2分で獲得できるのです。
あっという間に入会特典ポイントをもらえるので、すぐに使うことも可能です。
即日審査のクレジットカードは他にもありますが、即日に入会特典をもらえるクレジットカードは珍しいでしょう。

■即日審査クレジットカード・楽天カード

顧客満足度が高いクレジットカードといえば、楽天カードです。
楽天カードは即日受け取りは出来ませんが、即日審査となるクレジットカードです。
うまく行けば即日発行となる可能性もあるでしょう。

楽天カードはオンラインで申込みをすると、最短20分ほどで審査結果の通知メールが届きます。
ただ実際に申込みをした人によると、申込後5分程度で審査可決のメールが届いたというケースもあるようです。
審査はかなり早く、即日審査は当たりまえと言えそうです。
ただ営業時間がありますので、営業時間外の申込は翌営業日に審査が行われます。
楽天カードの営業時間は9:30~17:30となっており、基本的に審査はこの時間内で行われると考えられます。
即日審査結果を知りたいなら、営業時間内に申込みをするのが良いでしょう。

審査が完了すると、発行作業に入ります。
楽天カードは最短ですと3営業日で発行となりますので、1週間程度で手元に届くことが多いようです。
実際に発行した人によると、申込みから5日~10日で受け取っているようですね。
即日受取のクレジットカードとはなりませんが、スピード発行であると言えます。

楽天カードは年会費無料で、100円に1ポイントがたまります。
還元率は1.0%となり、ポイントをためやすいクレジットカードです。
さらにENEOSなどのポイント優待店ではポイント2倍、3倍になります。
楽天市場ではいつでもポイント4倍になり、よりポイントをがたまりやすくなります。
たまるのは楽天スーパーポイントとなり、楽天市場やコンビニ、ドラッグストアなどで現金代わりに利用ができま
す。
またJCBブランドであれば、nanacoへのチャージでポイント獲得も可能。
満額となる1.0%のポイントをチャージのたびに獲得できるので、nanacoチャージ用としてもおすすめのクレジットカードでしょう。
楽天カードの顧客満足度が高いのは、ポイントがたまりやすくお得という面が大きいようですよ。

楽天カードにはスタンダードな楽天カードのほか、女性向けの楽天PINKカード、ANAマイルがたまる楽天ANAマイレージクラブカード、学生向けの楽天アカデミーカードなどいくつか種類があります。
どの楽天カードでも審査は早く、最短即日審査となり、3営業日での発行となるようです。
審査が早いなら普通の楽天カードでいいか…なんて、妥協をしなくても良くなります。
どれも年会費無料というのも、嬉しい点です。

■即日審査クレジットカード・三井住友VISAカード

銀行系のクレジットカード会社として、長いこと君臨しているのが三井住友VISAカードです。
三井住友VISAカードは審査が早く、最短即日での審査となっています。
申込んだ当日に審査結果を知ることができ、審査通過していれば最短3営業日で発行となります。
即日審査、スピード発行のクレジットカードなのです。

三井住友VISAカードを最短即日審査、3営業日で発行するには、いくつかの条件を満たさなければなりません。
まず20歳以上の申込みであることです。
クレジットカードは18歳以上(高校生を除く)から申込ができますが、即日審査となるのは20歳以上からとなってしまいます。

そしてインターネットで申込みをして、口座引落の設定ができることです。
オンラインで口座引落の設定ができるのは、三井住友VISAカードが指定した金融機関のみとなります。
三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行などの都市銀行、一部を除く地方銀行などが対象です。
主要銀行はだいたい対応していると言えるでしょう。
ただインターネット銀行は、ソニー銀行とイオン銀行のみとなっています。
ジャパンネット銀行や楽天銀行が対応していないので、ちょっと不便と感じてしまうかもしれません。
対応外の金融機関を決済口座に指定する場合は、郵送での設定となります。
そうなると即日審査、スピード発行とはなりませんので気を付けてください。

それから収入を証明する書類が必要になる場合は、即日審査、スピード発行とはなりません。
クレジットカードの申込時に収入証明書が必要になるのは、高額なキャッシング枠を付けたときです。
キャッシングはゼロにするか50万円以下の枠にして、申込みをするのが良いでしょう。

三井住友VISAカードには、デビュープラスカード、クラシックカード、アミティエカードなどの種類があります。
どのクレジットカードでも、最短即日審査、最短3営業日での発行が可能です。
3営業日というのは、申込みから3日後に発行がされるということではありません。
クレジットカード会社の営業日のみを数えて3日となります。
三井住友VISAカードは土日や祝日は営業していませんので、平日のみを数えて3営業日ということになります。
また19:30分以降の申し込みは翌日の受付となり、即日審査とはなりません。
最短で発行をしたい場合は申込時間や申込曜日に注意をする必要があるでしょう。

■即日審査クレジットカード・MUFGカード

MUFGカードゴールドは、低年会費ゴールドカードの先駆者として人気です。
今でこそ2,000円~5,000円程度の年会費となるゴールドカードは珍しくなくなりましたが、MUFGカードゴールドが発行されたときは衝撃的でした。
発行元となるMUFGカードは、最短即日審査、最短翌営業日となるクレジットカードです。
スピード審査、スピード発行のクレジットカードなので、急ぎのときはおすすめです。

MUFGカードで即日審査となるのは、オンライン口座振替サービスを利用した場合のみとなります。
三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行など、指定の金融機関を決済口座に指定しなければなりません。
オンラインでの口座振替が即日審査に必要というのは、三井住友VISAカードやJCB一般カードと同じです。
MUFGカード指定の金融機関に口座を持っていなければ、書類を郵送して口座振替設定をしなければなりません。
書類が届いてから手続き、クレジットカードの発行となりますので、最短翌営業日発行とはならないことになります。

またMUFGカードは、国際ブランドにより発行期間が異なっているようです。
最短翌営業日で発行したい場合は、VISAかマスターカードを選ぶのがおすすめです。
JCBは最短2営業日での発行、アメックスは最短3営業日発行となるためです。
最短3営業日発行でも他のクレジットカードに比べるとスピード発行ではあるのですが、1日でも早くクレジットカードが欲しい!というときは国際ブランド選びに注意をする必要があります。

MUFGカードは最短即日審査のクレジットカードですが、審査を行っていない休業日は即日審査とはなりません。
審査は翌営業日となってしまいます。
MUFGカードの休業日は土日や祝日などです。
年末年始やゴールデンウィークなどにかかる時期は、即日審査、スピード発行というのは難しいでしょう。
即日に審査結果を知りたいのであれば、平日の午前中に申込みを終えておくのがおすすめです。

MUFGカードにはイニシャル、ゴールド、ゴールドプレステージ、プラチナなどの種類があります。
ゴールドカードやプラチナカードになると、審査も発行にも時間がかかるクレジットカードが多いように感じます。
しかしMUFGカードはどのクラスのクレジットカードでも、最短即日発行、スピード発行が可能となっています。
特にプラチナクラスのクレジットカードで、最短即日審査というのは珍しいのではないでしょうか。

■即日審審査クレジットカード・VIASOカード

三菱UFJニコスが発行するVIASOカードは、最短即日審査、最短翌営業日発行が可能なクレジットカードです。
実際にVIASOカードを発行した人によると、申込みから3時間~4時間程度で審査結果が出たという方も多いです。
最短即日審査といってもケースにより審査完了まで数日かかるクレジットカードもありますが、VIASOカードは即日で審査結果の通知がある確率が高いようです。

VIASOカードの発行は最短翌営業日となりますが、9時までにオンラインで入会申込みを終えている必要があります。
9時というのは、ちょっと早いような気がしますね。
朝イチで申込みをするのも良いですが、前日の夜に申込みを終えておいた方が確実かもしれません。
オンラインなら24時間いつでも利用ができますので、真夜中に申込みをすることも可能です。

ただ最短即日発行、最短翌営業日発行とはいっても、審査状況や申込状況により時間がかかることもあります。
特に申込者が多い時期や、業務がたまっている連休明けなどは、審査や発行に時間を要することが多いようです。
VIASOカードの発行元となる三菱UFJニコスは、土日や祝日、年末年始は休業日で審査も発行作業も行っていません。
スピード審査、発行のクレジットカードであっても、時間に余裕をもって申込をするのがおすすめです。

VIASOカードはスタンダードなデザインのほか、キャラクターなどがデザインされたバージョンもあります。
くまもん、ふなっしー、マイメロディ、けいおん!、ラブライブ!、トランスフォーマー、浦和レッズなどのデザインがありますが、こちらのVIASOかーども最短即日審査、最短翌営業日発行となっています。
ちなみに三菱UFJニコス発行のクレジットカードは、国際ブランドにより発行期間が異なっています。
JCBは2営業日発行、アメックスは3営業日発行となり、マスターカードとVISAでなければ最短翌営業日発行とはなりません。
VIASOカードの国際ブランドはマスターカードですので、最短翌営業日が可能ということになりますね。

VIASOカードはポイント還元率が0.5%ですが、携帯やPHS、プロバイダー、ETCの利用分はポイント2倍となります。
そしてVIASO eショップでのインターネットショッピングでは、10%のポイントを獲得することも可能です。
年会費無料でポイントがたまりやすいので、人気のクレジットカードとなっています。